2013年12月26日木曜日

だからヤなんだよ・・・「中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信」だってさ・・・

まずはソースから・・・
中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」が提供する日本語の入力ソフトが、パソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を、利用者に無断で外部に送信していたことが分かりました。
セキュリティー会社は、機密情報が漏えいするおそれもあるとして、利用には注意が必要だと指摘しています。
アメリカのグーグルに次いで世界2位の検索サイト、中国の「百度」は、4年前から「Baidu IME(バイドゥ・アイエムイー)」という日本語の入力ソフトを無償で提供していて、おととしまでに180万回ダウンロードされるなど、利用が広がっています。
このソフトは、初期設定ではパソコンの情報を外部に送信しないと表示していますが、セキュリティー会社のネットエージェントなどが分析したところ、実際には国内にある百度のサーバーに情報を送信していることが分かりました。送っている内容は、利用者がパソコンで打ち込んだほぼすべての情報と、パソコン固有のID、メールや文書作成ソフトなど利用しているソフトの名前です。
また、百度がスマートフォン向けに提供している「Simeji(シメジ)」という人気の日本語入力ソフトも、情報の送信を行っていることが確認されました。
(by NHK NEWSweb

マジかよ・・・

要約すると、
「バイドゥIME」って言う中国製の日本語入力ソフトを使っていると、バイドゥのサーバーに無断で打ち込まれたデータを送信している。
だから、個人情報やら、何らかのIDとパスワードとか、みんな持ってかれてるよ!って話だよな。

だからヤなんだよ。
最近、修理しているパソコンの半分近くがこう言う意味不明なフリーソフト入れてトラブってるケースだもんなぁ。
ほんと、偶然だけどさ、昨日も書いてたんだよオレ。
パソコンは普通でいいと思うんだ。変なことしなきゃ壊れないんだよ。

今直しているパソコンもチャイナフリーのHao123(ハオイーアルサン)って言うアドウェアが入っていてブラウザが正常に表示されないしね。
他にもバビロンだとか、それこそバイドゥとか、もうチャイナ・フリーは危なっかしくて見てられない。

なんだろなぁ・・・チャイナ・フリーソフトって凄く行儀が悪いっつーか、マナー違反的な事を平気でやってくるからなぁ。
下手すりゃパソコンのシステムを勝手に書き換えてくれるし、マジで困るわ。

んでさ、バイドゥIMEをアンインストールしようとすると、この画面だよ・・・・


何がしたいんだよ・・・・
あ、情報をもっと取得したいのか、そうだよな。
もう・・・ほんとに・・・呆れてものが言えん。

あと、使う人も適当に利用許諾を流してたらダメだよ。
一応、何かインストールする時に、「勝手にいろんなソフト入れちゃうよ!」的な説明はあるから。
そういうの読まないで、「次へ」とか、「OK」、「実行」とか次々クリックしちゃダメだよ。
一応注意書きがある場合もあるからね。
まぁ、今回はソレすら無かったケースなんだけどね。

ほんっと、パソコンの不具合の原因になるからなぁ・・・


ただまぁ・・・
だんだん手口が巧妙になってきてるからなぁ・・・
わからん人にはわからんだろうなぁ。

兎に角!
パソコンにフリーソフト入れるときには気をつけてください。

口コミとかで、信用できるものだけを利用するってのも大事。

それと、前は大丈夫だったけど・・・ってのも危険。
バージョンアップによって、仕様が変わることもあるから。
アップデートのタイミングで、いらないソフトを勝手にインストールしてくる場合もあるから。

まぁ・・・本当は必要なソフトは買うのが一番だけど・・・
最近じゃぁそれですら怪しいからなぁ。
セキュリティはしっかりとね。


まぁ・・・こう言うニュース見てると、本当に来年の4月からWindowsXPを使うのは危険な気がするわ。

どうなんだろうなぁ・・・。

0 件のコメント: