タスポ出てきた・・・

部屋を掃除していると、ベットの裏から見慣れないカードが出てきた。

あぁ・・・タスポ(taspo)だ。

例の自動販売機でタバコを購入するときに必要なカード。
オレ、タバコ吸わないけど、何かで必要になるかと思って作っておいたんだ。

へぇ・・・懐かしい・・・

写真付きのカードかぁ・・・
あいも変わらず人相悪いなぁオレ。
ちょっと普通に犯罪者みたいじゃないか。
もうちょっと・・・カッコよろしく写真に写れないもんですかねぇ。
無理だよなぁ・・・元が悪いから。
免許でもなんでも、自分の写真見ると凹むわぁ・・・

で・・・どうするよ、コレ。
2018年まで使えちゃうよ、まだまだ4年も使えるんだよねぇ。

で、そんな不愉快な肖像が載っているカードですよ。
だいたい、オレ禁煙者だし。
基本的に使うことはないはずだ。
で、そんな事はわかって作ったカードだ。

持ってても意味ないよなぁ。

んでさ、カードのせいでサイフがやたら太くなる。
タスポ以外でも、(おそらく)必要なさそうなカードでイッパイだ。
お札でイッパイならまだいいんだが、残念なことに変なカードでイッパイなのだ。

使わないカードを入れておくほど余裕ないんだよなぁ。
どうすっか?

・・・
とりあえず・・・家の中にしまっとこう。

そうしよう・・・

てかさぁ、いつも思うんだけど物理的にカードとか多すぎるよな。
もうさぁ、カード型の液晶端末作ってさ、そこに必要なカード機能を付与、表示するようにしてよ。
それを一枚サイフにしまっとくから。

あ・・・スマホでいい?
そうりゃそうだ。
たしかに会員カード系はだいぶスマホに入ってきたよね。
それはソレでいいんだけどさ。
なんか・・・ほら、カードの方が持ってる感がいいじゃない。
それに、スマホにいろんなカードの情報を持たせると、多機能になりすぎて面倒くさいんだよ。
カード機能に特化したデバイスを作って欲しいんだよなぁ。
ほんとに、薄くて軽くて・・・って奴を。

無理かねぇ・・・

ま、いいや。
とりあえずタスポは封印しとこう。

コメント

このブログの人気の投稿

無料のAdobeCS2インストールをWin7にインストールしてみた。

ラパンの鍵の電池を変えたった!

Acer Aspire One ZG5を分解しよう(前編)