2014年5月3日土曜日

最近のゲームグラフィックすごいねぇ。

【ビデオ】超リアルなゲーム画面を実写と比較! 最新レースゲーム「Project CARS」の予告映像

だそうだ。
いや、もう車ゲーのリアルさはカナリ来てるのは知ってるけど。
実際に観てみると・・・凄いねぇ・・・


この動画、左が実写、右がゲームの画面。
まぁ・・・まぁ・・・そりゃわかるけどね。
ゲーム画面の方が、やっぱモデルが単調だしオブジェクトの配置が白々しい。
文字とかも、近くで見ると荒いし、何より発色が良すぎる。
そうだなぁ・・・空気感が無いっていうか・・・なんというか。
第一、地面がいかにも・・・CGッて感じだよな。
テクスチャがワンパターンだ。

だからねぇ・・・まだ実写通りに・・・って言う程ではないと思うけど。

それでも。
凄いねぇ。
いや、ゲームの中ではカナリリアルだと思う。

思うにこの動画、実写と隣合わせで比べてるから違いが明確になるだけであって、ゲーム画面だけを見せられていたら・・・
けっこう感動したかもしれない。
この画質のゲームをオキュラスリフトで遊べたら・・・没入感凄いんだろうなぁ。

昔はさ、ゲームばかりしていると、現実とゲームの区別がつかなくなるよ!
と言われたものだが、最近じゃぁ、ゲームやってて現実の違いが見分けられなくなってきてるんだから・・・

いやぁ・・・ここまで来たんだねぇ。
コレってさ、PS4でも出るのかな?
あ、PS4、Xbox One、Wii U、Windows PC、Steam OS向けに11月に発売予定なんだってさ。
さすがに、Wii Uでもこれだけの画質出せるのかね?
PS4とXbox OneとPCはいいとして、Wii Uではこの画質でないよなぁ。
出たらビックリ!

と、まぁ画質はリアルになって行くんだが。
それだけゲーム開発も大変なんだろうなぁ。

いやはや。
もうゲームは素人が手を出す世界じゃなくなったね。(昔からか?)

さて・・・10年後のゲームはどうなっていますやら。
ここまで来たら、ゲームが楽しいというより新しい技術を楽しむためのエンターテイメントだね。
あぁ、ゲーム自体エンターテイメントだけど。

オレも・・・何か・・・無理か・・・残念。

では。

0 件のコメント: