2010年11月11日木曜日

Apple、日本のiTunes Storeで映画の提供を開始

ついに来たかぁ・・・
Apple、日本のiTunes Storeで映画の提供を開始。
連動して「apple tv」も売りだされたらしいしね。
Appleが音楽以外に動画でも攻勢をかけてきたね。

でもね、アメリカのiTunesStoreでは前からあった、動画のレンタルおよび販売サービスが日本でも開始されたって事なんですよね。
いやぁ、待ちに待った感じだよ。

んで、肝心の内容なんだけど詳細はココを見てもらうとして、かいつまんで話をすると。

映像コンテンツが豊富!(だと思う)
20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズといった主要なインターナショナルフィルムスタジオ、そしてアスミック・エース エンタテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映といった日本のコンテンツ・パートナーからの1,000本以上の映画をHD(ハイデフィニション)またはSD(スタンダードデフィニション)でレンタルまたは購入することができる。
すげぇね。(たぶん)

そして買取とレンタルの値段なんだけど。
HD映画の購入価格は、旧作および準新作が2,000円、新作が2,500円。SD版は旧作が1,000円、準新作が1,500円、新作が2,000円。
むぅ・・・購入だしなぁ・・・安いか高いかコンテンツによるな。
HD映画のレンタル価格は、旧作が300円から、新作が500円。SD版のレンタル価格は旧作が200円から、新作が400円。
レンタルは安いんじゃない?

PlayStationNetworkのコンテンツは普通に高いからね。
ソレに比べたらレンタルはいい感じだよ。

そしてやっぱり、一番の利便性はiPhoneとかiPadにデータを持って出れるところなんだろうなぁ。
今でも、ミュージックビデオなら持って出れるもんね。
それをカーナビで見られるんで、もしかしたらiPhoneに持ち出した映画をカーナビで見られる日が来るかもしれない!

よいよねぇ。

さて、どこまで出来るか楽しみだ。
さっそく試してみますかね!

0 件のコメント: