2010年11月24日水曜日

年は神様からの贈り物!

はい、今日はオレの誕生日でした。
職場では、それなりに声をかけていただいたり、プレゼントを頂いたりして、本当に嬉しい限りです。
それはそれは、身に余る光栄なんですが・・・

うれしい反面、自分の中に・・・
「あぁ・・・また年とるんだなぁ・・・」
とかちょっと気が滅入ってしまう部分もあったりします・・・
別にね、どんなに考えても、抵抗しても年はとるんだから、どうせなら前向きではいたいのですが・・・

そんなことを考えていると、Twitterにこんなコメントが。

「おめでとーさん!年は神様からの贈り物だそうです。こんなにも生かせて頂いてありがとうと感謝しなきゃいけないんやって^^; 天からのお荷物を今年も背おってしまっておめでとう」

ハハ。
Iさん、いつもながら嬉しいコメントをいただけたりして・・・ありがとうございます。

そうだよなぁ。
オレもなんだかんだ言って、こんな年まで生きてるんだよな。
世の中にはオレより、若くして死んでしまう人なんて山のようにいるだろう。
それなのに、こんな年まで生きて好きなコトやっていられる事に感謝しなきゃな。

人は独りでは生きてはいけない。
オレも、親や兄弟、知人友人、職場の同僚、いろんな人に支えられて生きてきたはずだ。

年は神様からの贈り物って言ったって、神様になにか返すわけにもいかない。
長く生きてきたぶん、回りの人にイロイロ返していかなきゃな。
きっとそう言うもんだろう。

「ありがとう」って感謝して回るのも悪くはないが、それじゃぁ芸がない。

一生懸命仕事して、周りの役に立つのがいいだろう。
もしくは、いつも元気で笑っているのもいいだろう。
自分自身の身の回りをチャンとして、親を安心させるのも・・・コレが一番難しそうだが・・・。

はぁ・・・まだまだ青いな・・・オレ。

ま、とにかく、来年の誕生日までがんばるぞ!
来年は来年で、また違うものが見えてくるだろう。

そうかぁ・・・年は神様からのプレゼントかぁ。
そう考えると、いいもんだよな。
その年なりの自分で行こう、へたに背伸びしたってどうしよもないもんな。

また、今年も頑張りますんで、よろしくお願いします。

0 件のコメント: