趣味の問題じゃないですか?

って、言わないでください!!!

いや、オレも言うけどね。

動画の仕事でね、どうしても判断に迷う箇所があったんだよ。
凄くしょうもないところなんだけど、画像イメージの切り替え部分をどう処理しようかと・・・

ひとつは、普通にカット編集で普通に切り替える。
画像がパッパと切り替わるだけ。
何の工夫もないが、ベーシックな手法なので違和感もない。

いや・・・単なるカットじゃ面白くないし・・・なんかしらのトランジションを使うか・・・
てな訳で、ちょっとディゾルブ的な効果を挿入!
うーん・・・
なんか・・・ちょっと効果を足してみました・・・的な心もとなさを感じる。
でも、ちょっとおもしろくなったかもしれない。
更に何かしらの効果を足すと見れるかも?

うーん・・・だが、流れとしてはカットだよな。
あまり受け狙う場所でもないし・・・

でも・・・全体のイメージはすこし調子に乗った感じで、面白トランジションを持っていったほうが・・・
うーん、だけどなぁ・・・

と、悩んだ挙句、3パターンほど動画を作ってみて、見てたんだが・・・

うーん・・・
もう目が慣れてしまって、どれが良いかわからない。
まいったなぁ・・・
あんまりしたくないんだけど、誰かに聞いてみるか。

てな訳で、近場にいたひと捕まえて、どれがいいか聞いてみたんだ。
動画の個々の部分の切り替え、どれがいいですか?と。

まぁ・・・その人なりに一生懸命見てくれて、いろいろ言ってくれて最後に・・・

「でも結局、趣味の問題じゃないですか?相手によるでしょう」

と・・・

そーなんですよ!
そりゃそーなんですよ!

結局最後はクライアントの趣味なんですよ!!!

でもね・・・
ちょっとでもクライアントがコッチを向いてくれたら・・・
ほら、クライアントの想像力の上を行けば良い感じに決まるじゃないですか!
だから、ちょっとでも良い感じになるように・・・何かいいアイディアが欲しいんですよ。

そういうもんだと思うんですよ。

だいたいモノ作ってる奴って、聞き分け良さそうでも人の意見なんか聞かないんもんですよ。
「どっちがいい?」
って聞いてきても、だいたい心のなかでは決まったほうがあるんですよ。
ただ、ちょっと自信がないから聞いてるだけなんですよ!!
それと、聞いた意見を参考にしたり、合成したり、錬金したりして、自分なりに消化するんですよ。

だ・か・ら!!!

作品の出来をクライアントの趣味とか言う意味不明かつ不安定な要素によって左右されたくないんですよ!
一番言っちゃいけないんですよ・・・作り手が「最後は趣味」って・・・

なんですよ、そう思うんですよ。

さて・・・明日も頑張るか。
ちょっとでもいい感じの動画が出来るよう。
がんばれ!オレ!!

コメント

このブログの人気の投稿

無料のAdobeCS2インストールをWin7にインストールしてみた。

ラパンの鍵の電池を変えたった!

Acer Aspire One ZG5を分解しよう(前編)