2014年4月24日木曜日

iPhone5Sをアップデートした。


はい、iOS7.1.1のアップデートが来ていた。
内容は・・・


・ Touch ID指紋認証機能がさらに向上
・ キーボードの応答に影響を及ぼす問題を修正
・ VoiceOverがオンの状態でBluetoothキーボードを使用している時に起きる問題を修正

などなど。
ほほぉ・・・「Touch ID指紋認証機能がさらに向上」とか。
へぇ、ソフトウェアの最適化か何かで認証精度が向上するんだねぇ。
いい事だ。
てか、今まででもそんなに困ったことは無かったんだけどね。

では・・・お言葉に甘えて・・・いや、関係ないか。
とにかくアップデートしてみた。

家のWi-Fiにつないで、アップデート、っと。
(アップデートはWi-Fiに繋がないと出来ないからね。)

そして待つこと20分ぐらい・・・(もっとだっけな?)

再起動を終えて無事、アップデート完了。
早速、指紋認証を試してみた。
スリープボタンを押して、ホームボタンを押す、押したままそっと指をあてておく。
もちろん、指紋認証は正常に稼働している。

うむ。

・・・
てか、指紋認証は前からそれなりに稼働していたので、精度が上がったと言われても実感するのは難しい。
強いて言うなら、認証制度と言うより、反応速度が上がった感じかな?
いや、最初から「認証精度が上がった」とはドコにもかいてない。
「認証機能がさらに向上」と、一見すると分かった気になるが、よく読むと「何が?」って言いたくなる更新内容だっけ・・・。

うーん・・・機能が向上・・・
よくわかんねぇや・・・

とにかくアップデートしといた。
まぁ、言ってしまえばそれだけなんだよな。
こんなアップデートは、前後のアップデートと混ぜてしまって・・・と思うのはオレだけだろうか?

どうせ裏で重大なバグのフィックスでもやってるとは思うんだが・・・。

ま、いいや。
それではまたー!

0 件のコメント: