2011年12月16日金曜日

つーか・・・ふざけんなよ!「iTunes in the Cloud」

iTunesのアップデートがあった。
どうやらバージョンが「10.5.2.11」になるらしい。
どういう変更だ?

 なになに、「iTunes in the Cloud」だって?
iCloud を使えば、iTunes で購入した音楽が、その人の使っているすべてのデバイスに自動的に現れます。以前 iTunes で購入したアイテムもダウンロードできます。
ほほぉ・・・そりゃ便利だ。
オレがiPhoneで購入した曲がiPad2でも聞けるって話か。
ようは今のAppみたいなもんか。
いいよね、便利だよね。
それじゃぁさっそくアップデートするか。

・・・

アップデート終了。
で、どこが変わったのかな・・・?
と、色々iTunesとか見て回ったが、どうも変更がよくわからない。
オカシイなぁ・・・と思い、もう一回「iTunes in the Cloud」で詳細を調べてみると・・・
自動ダウンロードは、現在、米国、オーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、アイルランド、ルクセンブルク、マルタ、メキシコ、ニュージーランド、スペイン、およびイギリスで利用できます。
え・・・オイ!!!
日本対応していないじゃないか!!
わざわざ日本語で説明まで書いててソレか!
意味不明だ。
まったく・・・スティーブ・ジョブズがお隠れになられてからアップルろくな事しないな。

なんか、アップデートして損した気分だ。
なんだかなぁ・・・

0 件のコメント: